テレビに高級金具とアームを取り付けて壁掛けにする方法

テレビを壁掛けにするとリビングを広く活用する事が出来ます。それは、場所を取るAVボードを使用しなくていいからです。床置きのタイプから、壁一面を使用したタイプまで様々なAVボードがありますが、その多くはリビングを圧迫しているものに過ぎません。そこで、活躍するのがテレビを壁にかける為の高級金具やアームです。テレビは、今や録画機器を使用しなくてもインターネット上で動画をみることが出来る時代です。つまり、HDDレコーダーなどはなくても充分、コンテンツを楽しむ事が出来るのです。この機会に、テレビを壁掛けにしてリビングをシンプル且つ広く活用しましょう。さて、テレビを壁掛けにするには、2通りの方法が存在します。1つは、チルトタイプの金具を使用して壁に取り付ける方法です。チルトタイプは垂直方向の角度を可変する事が出来ますが、水平方向の角度を可変する事は出来ないものがほとんどです。テレビとソファなどの家具の位置を変えないのであれば、チルトタイプをお勧めします。家具の位置を頻繁に変更される方には、水平方向の角度が自在に可変出来るアームタイプの壁掛け金具をお勧めします。アームタイプは、金具から折りたたみ式のアームを伸ばす事が出来る為、部屋のどこにいても見る事が出来ます。ただし、アームを使用している時テレビは、壁面から前に突き出た状態になる為、チルトタイプに比べ若干の圧迫感を感じます。壁掛け金具の選定は、現在の環境を十分に考慮して選定しましょう。