マイホームに壁掛けテレビを設置するには

憧れのマイホームを手に入れたら、自分のこだわりを詰め込んだリビングでゆっくりとくつろぎたいものです。くつろぎの時間には、テレビは不可欠だと思います。どうせならリビングを広く活用する為にもAVボードなど設置せずに、テレビを壁掛けにしてリビングを広く活用しましょう。ここでは、テレビを壁掛けにする方法を紹介して行きたいと思います。テレビを壁に設置する方法は、主に2通りの方法があります。1つは、スリムチルトタイプと呼ばれる方法で、壁面に専用の金具を取り付け、その金具にTVを固定する方法です。壁面にしっかりと固定出来る為、地震などの強い揺れが起きても落ちにくい利点があります。ただし、角度などを大きく調整出来ない為、見る角度によっては見づらい事があります。2つ目の方法は、アームタイプの金具を使用してテレビを壁掛けにする方法です。角度を調整出来るアームがある為、このタイプは大きく角度の調整が出来ます。ただし、スリムチルトタイプに比べてアームが取り付く分取り付け金具の重量が増しますので、壁面への固定をしっかりと行う必要があります。一般的な住宅は壁材として石膏ボードを使用しています。石膏ボードには、テレビの重量を支えられる程の保持力は無いので、下地材にビスを打ち込む必要があります。壁掛け用の金具を壁に取り付ける際には、壁裏センサーと呼ばれる下地材の場所を教えてくれるセンサーを使用すると作業が捗る上に安全に金具を取り付けられて便利です。